使用上のご注意

ライター燃料について

ライター用燃料ガスボンベ ・ オイルの使用上の注意

  • 子供に触れさせないでください。
  • 子どもの手の届かない所に必ずキャップをして保管してください。
  • 故意に過剰に吸入すると酸欠の為窒息死するので絶対にお止め下さい。
  • 可燃性高圧ガス使用により直射日光、高温、火気を避けてください。また、焼却しないでください。
  • 温度が40度以上になる処に放置しないでください。
  • 車中に放置しないでください。
  • ガスライター ・ オイルライター専用です。
  • 使い切って下さい。
  • 使用前に、ガスボンベまたはオイルの取扱説明書を必ずお読みください。

ライター燃料ガスボンベについて

充填式ガスライターのガスの充填方法
  • ライターの燃料は、ガス、オイル共に、絶対に火気の近くでは充填しないでください。
  • 充填中に誤って着火しないように注意してください。
  1. ガス充填時は炎調整ネジを小(-)にしてください。
  2. ライターのガス充填口を上に向け、ボンベのノズルを垂直に差し込み、2~3回押し下げてください。
  3. ガス充填直後は、充填口付近にガスが溜っている場合があるので、しばらくしてから顔から離して着火してください。
  4. ガス充填直後は、一時的に炎が不安定になることがありますが、常温に戻れば通常通り着火します。
  5. 炎の高さは2~3cmに調整ネジを調整してご使用ください。
  6. ライターにガスが充填できない場合は、付属のアダプターを選んでご使用ください。

※一部海外製のライターには使用できない場合もあります。

※ガスライター以外には一切使用しないで下さい。

[備考]

  • ガスが充填されたかどうかの確認方法は、細いドライバーの先などで、充填口の中心の先端を少し押し、液化ガスが噴出すればガスは充填されている証しです。
  • ガス充填時に充填口からガスの漏れが多いようでしたら、ボンベに付属しているアダプターをお使いください。
ガス充填後の注意について
  • ガス充填直後は、一時的にライター本体の温度が下がり、炎が不安定になったり、着火不良になりがちですが、故障ではありません。数分経過し、ライター本体が常温に戻れば通常通り着火します。
  • ガス充填後は、ライターの充填口などにガスが溜まっている場合がありますので、しばらくしてから、顔や衣類から離して着火してください。
  • 炎調整が適性なことを確かめるか、または、炎調整ネジ(または炎調整レバー)を[-]方向に少し戻してから着火してください。炎調整が必要以上に大きくなっていると危険です。
  • ガス充填後溢れたガスが完全に乾くまで着火させないでください。
  • オイル充填後は、 手とライターを乾いた布などで、よく拭いてください。
ライター用ガスボンベのガスの抜き方について
  • 風通しのよい屋外で、周囲に火の気がないことを確認してください。
  • ボンベの先端(ノズル)を下に向け、少し斜の角度で地面に押し付け、ガスを噴出させます。

*残量にもよりますが、噴出が止まるまでには1~3分程度かかります。

*最初はかなり勢いよくガスが噴出します。

*気化熱によりボンベが冷たくなります。

*地面に液状のガスが付着することもありますがすぐに気化しますので心配はありません。

  • 「シュー」という音がしなくなればガス抜きは完了です。
  • 缶底に穴を開け、完全にガスを蒸発させてください。以上の確認をもって廃棄方法は各自治体が定めた方法に従ってください。

ライター燃料ガスボンベについて

  • ライターの燃料は、ガス、オイル共に、絶対に火気の近くでは充填しないでください。
  • 充填中に誤って着火しないように注意してください。
オイルライターのオイルの充填方法
  1. オイルライターのケースのフタを開き、片方の手で内部ユニットを引き抜きます。
  2. オイル保持用のコットンを押えているフェルト ・ パッドを図のように持ち上げ、オイルをコットンにゆっくり染み込ませてください。オイルが染み出てきたら充填をやめます。あふれた場合は、乾いた布で完全にふき取ってください。
  3. 最後にフェルト ・ パッドを元に戻し、内部ユニットをケースに戻してください。
オイルのご注意
  • オイルは引火性が高いので、火気の近くで充填しないでください。また、高温、長時間日光にさらさないでください。
  • オイルライター、カイロ以外の使用は避けてください。
  • 燃焼中のライターへのオイル充填はしないでください。引火し、やけどの恐れがあります。
  • 車など密閉された場所にオイル缶を放置しないでください。
  • オイル充填時は充填口を直接綿に当て、ゆっくり入れてください。染み出してきたら、充填を止めます。入れ過ぎによるオイル漏れに注意してください。
  • オイルが漏れ、皮膚に付着した場合かぶれ(皮膚炎)が起きることがあります。衣服も含めて速やかに水、石鹸で洗い流してください。症状が改善しない場合は、医師の診断を受けてください。
  • 充填後は、手とライターを布などでよく拭いてください。
  • 間違って飲んだときは、無理にはかせず、すぐに医師の診断を受けてください。
オイル缶の廃棄について
  • 缶底に穴を開け、オイルを蒸発させてください。以上の確認をもって廃棄方法は各自治体が定めた方法に従ってください。

PAGE TOP