会社案内

沿革

昭和12年 東京都台東区坂本1丁目において創業
昭和13年 台東区浅草千束町に移転
昭和21年 現在地、台東区浅草橋に移転
昭和22年 株式会社廣田製作所として改組  資本金195,000円
昭和23年 資本金120万円に増資
昭和24年 足立区長門町に第2工場を設置(昭和35年越谷移転)
昭和28年 株式会社資生堂花椿会の記念品の受注開始
昭和29年 株式会社広田として改組  資本金450万円
昭和30年 埼玉県越谷市に敷地約3,000坪の越谷工場竣工
昭和32年 資本金を900万円に増資
昭和35年 越谷工場拡張。建物20棟、約2,000坪
昭和37年 埼玉県北葛飾郡幸手町に、ガス科学工場を新設し、39年には財団法人日本ガスライター振興会の委託検査工場の第一号となる
昭和38年 埼玉県北葛飾郡幸手町に、モダンダイカスト工場株式会社設立(昭和48年閉鎖)
埼玉県浦和市領家に、浦和工場を新設
昭和39年 台東区浅草橋に鉄筋コンクリート地下1階、地上3階330坪(1,100㎡)の本社社屋完成
通産省の輸出貢献企業に認定される。以降、毎年認定を受ける
昭和41年 小見川工場団地誘致第一号として約60,000坪(198,000㎡)の敷地を買収
株式会社広田小見川工場稼働
昭和46年 使いきりライターの生産会社 モダン化学工場株式会社を設立3億円投資(昭和48年閉鎖)
販売業務強化のためモダンロイヤル株式会社を設立(平成17年株式譲渡)
昭和47年 アメリカ ・ ニューヨークにヒロタ ・ インターナショナルコーポレーションを設立(昭和53年閉鎖)
ブラジル ・ サンパウロに約12万2,000坪(72,000㎡)の工場を買収
ヒロタ ・ セラミカ ・ マイリンケ ・ リミッターダを設立(昭和50年閉鎖)
昭和48年 広田越谷金属工場株式会社、広田浦和精機工場株式会社を小見川新工場に移転完了、前記各社集結
昭和53年 小見川工場に公害防止設備を設置
昭和54年 有限会社広田小見川流通センター設立(平成8年閉鎖)
昭和55年 払込資本金を2,700万円に増資
本社ビル増築
昭和56年 国内販売強化のため、株式会社第一商店を設立(昭和60年閉鎖)
昭和57年 資本金を3,500万円に増資
昭和62年 タイ ・ ヒロタCo., Ltd. 設立 資本金5,500万バーツ
平成元年 ヒロタ ・ インターナショナルタイランドCo., Ltd. 設立 資本金600万バーツ(平成6年閉鎖)
平成 2年 白金精密製造有限公司設立
平成 6年 香港ヒロタ&Co., Ltd. 設立 資本金30万HK$(平成14年閉鎖)
平成 7年 タイ ・ ヒロタCo.,Ltd.設立 資本金を7,700万バーツに増資(平成30年中国に移転)
平成 8年 温州広田検品センター設立(平成28年閉鎖)
平成13年 ニンボー广海打火机型造有限公司設立
平成18年 ニンボー検品センターをニンボー広田として改組
平成19年 フカシロ商事株式会社と合併
ニンボー広田国際貿易有限公司設立
平成21年 ベルギー ・ ブリュッセルにライテックヨーロッパS.A.を設立
平成22年 大阪営業所を東大阪市に移転  大阪支店に名称変更
台東区浅草橋に東京物流センターを移転(平成28年閉鎖)
平成23年 温州ライテック煙具有限公司設立
平成29年 ニンボーライテック電子実業有限公司を設立
平成30年 ライテックUSAを設立

PAGE TOP